AT-HRD5のお話

車載DACのお話です。

画像

AT-HRD5
https://www.audio-technica.co.jp/car/show_model.php?modelId=2731


車の音環境を
カロッツェリアDEH-970(ユニット)+TS-Z132PRS(スピーカー)とオーディオテクニカAT-HRD5(車載DAC)の組み合わせでウォークマンNW-A25から入力して使っていたのですが新型ウォークマンNW-A35が発売になったので買い換えたところ40kHz台(48kHz・変換した44.1kHz)24bitの音声が出力されないという事態になりました。

AT-HRD5の取り付けをお願いしたショップ様にお願いしてウォークマンをつながせてもらいましたがそちらでも音が出ないのでどうやらNW-A35とAT-HRD5の相性問題ではないかと言う結論に。

いろいろ確認したところ
DSD音源はDSD出力をオフにすれば音が鳴る(AT-HRD5はDSDには未対応)
96kHzや192kHzの音源は音が鳴る
40kHz台の音源は24bitから16bitに変換すると音が鳴る
家にあったifiのnanoiDSDとNW-A35の接続では音は出る

という感じになりました。

これは個人ではどうにもならないのでショップ様から話をオーディオテクニカ様に入れてもらいつつ私個人でもオーディオテクニカ様のサポートに問い合わせフォームにて連絡をしてみました。

その後電話連絡や進捗のメール等が来て約1ヶ月ほどして対応ファームができたと言うことで連絡がありました。

更新方法はショップ様でアップデートとのことでショップ様からファームアップの準備ができたとの連絡をいただきアップデートしました。(PCをつないでアップデートを行いました)

新ファームウェアですが新型ウォークマンに完全対応という感じで48kHzが出力されるようになっただけでなく96kHzなど他の音も変わっている印象です。NW-A25のような硬い感じがなくなりかなり柔らかくなったと言う印象です。これはNW-A25からNW-35にしたときに思っていたことと同じなのですが旧ファームウェアの時は若干ぎくしゃくした印象があったのですが新ファームになってなめらかになったという感じです(個人の感想なので違うように感じる方も居ると思います)。
(新ファームウェアはNW-A30シリーズ・NW-WM1シリーズ両方に対応との話でした)

こちらの問い合わせにとても丁寧に対応していただきAT-HRD5を買って良かったなと思いました。


カーオーディオでハイレゾ音源を聞くのにイヤフォン出力を使ってる方は劇的に音が変わりますのでAT-HRD5を検討されると良いと思います。ショップ様によっては店頭デモ機やイベントなどで聞ける機会がありますので是非。

なお私はヘッドフォンやイヤフォンで音楽を聴く習慣がないためウォークマンはウォークマンポート出力→AT-HRD5→DEH-970と言う流れでしか聞いたことがないためイヤフォン端子からの出力についてはよくわかりません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック